« 運動会と日焼け | トップページ | ブログ巡りパートⅡ »

2009年5月25日 (月)

氷の伯爵と桜色の風 ♯11

☆もくじへ☆

 晩餐会の翌朝……
 アンナは、リリスが紅茶を入れてくれているのをボーっと眺めていた。
 カークベリー伯爵が、あの子なのかな……
「アンナお嬢様? どこかお加減でも悪いのですか?」
漠然とそんな事を思っていて、リリスに声を掛けられ、初めて自分が考え事をしていたのに気が付いた。
「え? あー、ごめん、なんでもないの。慣れない晩餐会に出席してちょっと疲れちゃっただけよ」
 リリスに心配を掛けた事が、申し訳なくて、慌てて紅茶のカップを手に取る。
そんなアンナの様子に、リリスがもう一度口を開きかけた、その時……
バンッ!と大きな音と共に、部屋のドアが開かれた。
驚いてドアに目をやると、なんとそこには妹のパティの姿があったのだ。
 パティ?!
アンナは突然の出来事に、手に持っていたカップを床に落としかけた。
パティは、そんなアンナを、気にもしない様子で目の前まで歩み寄ると、有無を言わさずにアンナの頬を打ちつけたのだ。
一瞬、何が起こったのか分からなかった。
「いったーいっ! いきなりなにすんのよっ!」
言うと同時に、アンナも同じように打ち返し、部屋に乾いた音が響き渡る。
「あなたなんかに、ジェリーお兄様は渡さないんだからっ!」
そう言ったパティが、更にアンナに掴みかかろうとして、あわや取っ組み合いの喧嘩になりかけたその時、呆然としていたリリスが我に返り、なんとか二人を引き離す。
「お嬢様方、お止め下さいっ!!」
リリスの言葉に、パティは悔しそうに唇を歪ませて、部屋を出て行った。
「ちょ……なんなのっ!?」
あまりにも唐突な出来事に、アンナはパティが去った方向を、呆然と見つめる事しかできなかった。
アンナの混乱した頭に、パティの言葉が蘇る。『あなたなんかに、ジェリーお兄様は渡さないんだからっ』
「アンナお嬢様、大丈夫ですか?」
リリスに声を掛けられて、なんとか冷静を取り戻すが、どう考えても納得の行く理由は見当たらなかった。
「一体、なんだったの、今のは……」
パティに打たれたところがピリピリと痛んでいた。
アンナの頬は、少し赤くなってはいたものの、幸い跡が残るようなものではなく、朝食の時間にはすっかり元に戻っていた。

 アンナがダイニングルームに行くと、お父様の足元に縋りついて泣いているパティの姿が目に入る。
パティの真っ白な頬には、先ほどアンナが打ちつけた跡が痛々しいほどに残っていた。
 やられた……
 そういう事だったのね。
アンナは、その状況を一目見ると、自分が置かれた立場を理解した。
天使の顔を持つ、悪魔な妹の罠に、まんまと掛かってしまったのだと気が付いたのだ。
透けるように白いパティの肌は、一度赤くなってしまったら、なかなか元には戻らないのだろう。
頬に何も痕跡の残っていないアンナが、いくらパティが先に手を出してきた、と訴えたところで、真実味は無い。
正に、それこそがパティの企みだったのだ。
 それで、いきなりあんな事してきたのね。
 これで、納得がいったわ。
 私が、もっと冷静でいられたら、何も問題はなかったんじゃない……
アンナは、自分の浅はかさを後悔した。
「アンナ、こちらに来て掛けなさい」
いつもは穏やかなお父様は、見たことも無いような厳しい表情を浮かべている。
言われるがまま、椅子に腰掛けて、次の一言を待つ。
「どういうことかね?」
「待ってください、お父様! パティがいけないんです。何かアンナお姉さまの気に障ることをしてしまったのですわ、きっと……」
パティは、か細い声でお父様にそう訴えた。
 あんたはちょっと黙っててっ!
アンナはそう言ってしまいそうになるのを必死で堪える。
「お言葉ですが……」
側にいたリリスが思い余って意見しようとするのを、軽く視線で咎める。
 リリスまで巻き込むわけにはいかない。
「アンナ、君も慣れない生活で、疲れているのは分かる。でも、もう子供じゃないんだ。レディとしてのマナーも身に付けていかなくてはいけないよ?」
「そうよ、アンナ? 急には無理なのは分かるのよ。でもね、夏になればシーズンがやってくるわ。せめて、それまでに基本的なマナー等を学んで貰う為に、あなたには家庭教師を付ける事にしますからね?」
怒鳴られる事を覚悟していたアンナにとって、それはとても意外な言葉だった。
まるで、小さな子供を諭すように、そう両親に語りかけられて、素直に頷く事しか出来ないアンナであった。 続く

1クリックが元気の素です♪                        TOPに戻る                                     

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村 ランキング参加中

|

« 運動会と日焼け | トップページ | ブログ巡りパートⅡ »

小説」カテゴリの記事

コメント

また来ます。詩織代わりのコメントですみません。

投稿: 狼皮のスイーツマン | 2009年8月21日 (金) 19時20分

((w´ω`w))
あっ、そうでした!
今、第4話もう一度読みました。
誘拐されたんですね~。
忘れててすみません。

これで、安心して読みすすめられます。
ありがとうございます~。

投稿: 長峯えり子 | 2009年5月28日 (木) 23時16分

> 長峯えり子様

楽しみにしていただけると、執筆の糧になります。
ありがとうございます^^

さて、アンナが孤児院にいた理由は♯4にて書いたつもりでしたが、あまりにもサラッと流してしまって伝わりにくかったみたいで><;すみません 今後、より掘り下げていく事が出来れば、解明させていただきたいと思います
これに懲りずに、また遊びにきてくださると嬉しいです!

投稿: 柊かえで | 2009年5月28日 (木) 20時44分

今回も面白かったです!!
私が疑問なのは、何故アンナが孤児院にあづけられていたか?です。今後のストーリーで明らかにされると思いますが、早く訳を知りたいな~って思います。
とにかく、面白い。
パティには頭くるし・・・。いつかギャフン?といわせたいわね~。
アンナがんばれ~!!って感じです。

投稿: 長峯えり子 | 2009年5月28日 (木) 03時08分

>みつたん

頑張って執筆中ですb
みつたんの小説も楽しみにしてるよん(・∀・)

投稿: 柊かえで | 2009年5月26日 (火) 22時03分

>いき♂様
はい、妹全開ですっ!w
アンナも負けてはいません><b
この先どうなっていくんでしょうかね~^^

投稿: 柊かえで | 2009年5月26日 (火) 22時02分

続きが楽しみじゃ~

投稿: みつたん | 2009年5月26日 (火) 21時33分

うおぉぉ、妹ちゃん本領発揮ですねっ!
そして家庭教師ですか。

それにしても見た目とのギャップの凄さ、たまりません(何
逆境にへこたれるようなアンナではないと信じてます♪
続きも楽しみです^^

投稿: いき♂ | 2009年5月26日 (火) 19時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷の伯爵と桜色の風 ♯11:

« 運動会と日焼け | トップページ | ブログ巡りパートⅡ »