« 真っ赤っか…… | トップページ | ほっと一息 »

2009年8月31日 (月)

氷の伯爵と桜色の風 ♯20

☆もくじ☆

「一足遅かったみたいですね」
院長に挨拶に向かった二人は、ジェリーとは行き違いになったようで、会うことは出来なかった。
「そうね。私、ちょっと施設内を周って来ようかな。ルークは、どうする?」
「僕は、遠慮しておきますよ。せっかくの機会ですから、アンナ一人でゆっくりしてきて下さい」
アンナは、微笑むルークにお礼を言って、その場を後にした。

 院長室から、かつてのアンナの部屋へと続く通路を進んでいくと、廊下の窓からそよぐ風がアンナの桜色の髪を揺らしていく。
外には、あの日と同じように大木がそびえ立っていた。
「誰か、いる……?」
何気なく窓の外に目を向けたアンナが、大木の下に佇む人影に気が付いた。
アンナには、太陽の日差しを受けてキラキラと輝くようなブロンドの人物が誰なのか、逆光で顔が見えなくてもすぐに分かった。
 廊下から中庭へ出るドアを開け、何かに惹きつけられるように歩き出す。
思わず駆け寄ってしまいそうになる衝動を何とか抑えて、一歩また一歩と足を進めるたびに、時間が溯っていくような感覚に襲われた。
 あの日、孤児院を抜け出して教会に向かったアンナは、大木の下に見慣れない男の子がいるのに気が付いた。
やっぱり、今みたいに日差しを受けてキラキラと輝くブロンドに、対照的な暗い表情をしていた男の子。
「ジェリー」
アンナの口から零れたのは、幼かったあの日そのままの名前だった。
思いもよらず声をかけられたジェリーが、アンナの姿を見て顔を上げる。
「アンナ……? どうして君がここに?」
夕日を背に佇んでいるジェリーの表情は、アンナからは窺う事は出来ない。
「あの……私……」
聞きたいことも、言いたい事もたくさんあったはずなのに、上手く言葉に出来なかった。
「まったく君は、男爵家の令嬢っていう自覚はあるのか? こんなところまで一人で来たりして、相変わらずはねっかえりだな」
「違います!ここには、ルークと二人で来たの」
言ってから、アンナは後悔した。これから、自分の思いを告白しようとしているのに、変に誤解されても仕方が無い事を口走ってしまったのだから。
「そうか、それなら納得だな。二人で、お世話になった人に婚約のご挨拶に伺ったってわけだ」
「ち、違うわっ! 私……私は、あなたに話しがあって、ここまで来ました」
皮肉っぽく言ったジェリーは、慌てて否定したアンナの言葉に、少し意外そうな顔をした。
「俺に? ふむ。いいだろう、話しを聞こうじゃないか」
木の幹に寄りかかっていたジェリーは、身体を起こしアンナに一歩近づくと、続きを促すようにじっと彼女の顔を見つめる。
 目前に迫る美しい顔に、アンナは熟しすぎたりんごのような顔で俯いていたが、意を決したように顔を上げてジェリーと視線を合わせた。
「私、ルークとは婚約しない。好きな人がいるの」
アンナがそう切り出すと、ジェリーは僅かに眉を寄せ、怪訝な表情を浮かべている。
「好きな人? まだ、パーシヴァル家に来て間もない君が、いつ恋をする時間があったのか知りたいね」
ジェリーは、少し口調を強めて、アンナを問い詰めるように言った。
「違うわ! 私は、子供の頃からずっと思ってる人がいるの。そう、ちょうどこの場所で出会った男の子…… ジェリー、あなたなんでしょ?」
確信を持ったアンナの視線が、ジェリーに真っ直ぐ注がれている。
「なんの話しだ? 俺には、何の事だかわからないな」
「嘘よ。じゃあ、何故ここにいるの? どうして、ハーヴェイに来たの?」
アンナには、ジェリーが何かを隠しているように思えた。
「それを、君に説明する必要は無い」
ジェリーの突き放したような言葉に、ショックを受けたアンナが次の言葉を見つけられずに黙ってしまうと、彼はその場から立ち去ろうと、アンナに背を向けた。 続く

                                         

1クリックが元気の素です♪

|

« 真っ赤っか…… | トップページ | ほっと一息 »

小説」カテゴリの記事

コメント

>狼皮のスイーツマン様
なるほど、逆告になるのですね。そのへんはまったく意識してませんでした^^;
この先、ジェリーの男度が上がるように頑張ります^^

投稿: 柊かえで | 2009年9月20日 (日) 10時44分

ジェリー様へ

逆告させるなんて、
男の子の風上にもおけない
そこへなおれ

投稿: 狼皮のスイーツマン | 2009年9月20日 (日) 08時08分

> 長峯えり子様
こんなに、不定期更新なのにもかかわらず、読んで頂きありがとうございます><b
続きも頑張ります^^

投稿: 柊かえで | 2009年9月 2日 (水) 00時43分

>ゆきがさね様
もう本当にギリギリです^^;危うく予告破りになるところだった(゚ー゚;
続きも頑張ります!

投稿: 柊かえで | 2009年9月 2日 (水) 00時40分

きゃ~
ついにアンナがジェリーに告白!!
ドキドキですね。
でもつれない!?ジェリー、どうしてかしら?
続きがますます楽しみになりましたよ~~。

投稿: 長峯えり子 | 2009年9月 1日 (火) 23時10分

やっときたーーーー!
ほんとにぎりぎり八月中…
で、続きも期待なのですb

投稿: ゆきがさね | 2009年9月 1日 (火) 17時55分

>みつたん様
早速のコメありがとう^^
さて、今後どうなっていくのでしょうね?(ぉ
続きも頑張ります!

投稿: 柊かえで | 2009年9月 1日 (火) 09時06分

きゃ~
これからどうなるんですか?
ブログ見た瞬間にうぉ!となりました

投稿: みつたん | 2009年8月31日 (月) 23時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷の伯爵と桜色の風 ♯20:

« 真っ赤っか…… | トップページ | ほっと一息 »